宝山誕生秘話 2015年9月9日

宝山誕生秘話Vol.4

「富乃宝山」がロックで楽しめるフルーティな香りの芋焼酎、「吉兆宝山」は芋焼酎としての旨さをしっかりと確保しながら、鹿児島の伝統的な焼酎の愉しみ方“お湯割り”で飲んで美味しい芋焼酎であるのに対して、「白天宝山」は富乃宝山にも吉兆宝山にもない“やわらかさ”を備えた酒質と、「白麹」の個性を明確に引き出すことにこだわって造られた一本です。(o・∀・)b 麹には3つの種類=黄麹・黒麹・白麹があり、富乃宝山で使用されているのは黄麹、吉兆宝山は黒麹、そして白天宝山では、焼酎の仕込みで広く使われている「白麹」を使用しています。本来原料や仕込み方法が同じであれば「黒麹」を「白麹」に変えてもさほど味わいは変わりません。そのため白天宝山では、麹の個性をより明確に引き出すため、原料や仕込み方法をさらに深堀し研究を重ねました。こうして生まれた酒質は狙い通り、とても柔らかい口当たりと辛口のキレのよさを備え、ふかし芋を感じさせる甘い後味を醸しています。d(ゝ∀・) これが「白天宝山」誕生の瞬間です♪富乃宝山・吉兆宝山・白天宝山と、それぞれ異なる酒質をイメージして造られた銘柄が、結果として3つの麹に分かれたので、それぞれのラベルの色には麹の色が反映されています。ご興味をお持ちいただけましたら、麹と仕込み方法による酒質の違いをぜひお楽しみください♪

 

 

 

その他の「宝山誕生秘話」の記事