お知らせ/メッセージ/ご挨拶

お知らせ/メッセージ/ご挨拶 2019年9月4日

西酒造のふるさと日置市吹上町に伝わる伊作太鼓踊り♪

伊作太鼓踊り(いざくたいこおどり)は吹上町に伝わる民俗芸能で,県の無形民俗文化財に指定されています。毎年,8月28日の南方神社の大祭の日に,6地区の保存会が交代で南方神社に奉納し,その後翌日の29日まで吹上地区内およそ30カ所を廻り、各地で勇壮かつ美しい踊りを披露してくれます♪ (*‘∀‘)

私たちの蔵には、28日のお昼すぎに来てくれました!

踊り連の一人に、西酒造製造部の徳田秀樹君が参加しており、勇敢な踊りを披露してくれました!(*‘∀‘)

伊作太鼓踊りは、輪の中心で着物姿の子どもが、鉦(かね)と小太鼓をたたく「中打ち」、子どもたちの周りを囲み大太鼓を抱えて勇壮に踊る「平打ち」の約20名以上で形成されます♪伊作太鼓踊りの由来は諸説ありますが、一説には1406年(応永13年)に、伊作島津氏4代当主の久義(ひさよし)が、田布施郷の二階堂氏を降伏させた際に考案された“戦勝の踊り”と伝えられています。

西酒造のふるさと日置市吹上町の若者達が、代々受け継がれてきた民族芸能を継承していくように、私たちも先人達から受け継いだ、技術と伝統を磨き続けて、皆様に「旨い!」と言っていただけるよう、これからも一所懸命に取り組んで参ります(*^^)v

その他の「お知らせ/メッセージ/ご挨拶」の記事