屋根のない蔵(農業)

屋根のない蔵(農業) 2019年10月4日

お芋の収穫が最盛期を迎えています♪

1月に種芋を床伏せし、苗を育て、4月から順に畑に植えられていったお芋たちが立派に育ってくれました。(∩´∀`)∩

今日は「屋根のない蔵」から、お芋の収穫の様子をお伝えします♪

上の写真は、トラクターの後ろに「つる刈り機」を付けて、畝(うね)の上をゆっくり走行してサツマイモの蔓(つる)を切っている様子です。地面を覆い尽くすほどに生い茂った蔓や葉を切り刻んで、この後の収穫作業を効率良くできるようにしています。(‘ω’)ノ

つる切りが終わった後は、「ハーベスター」というサツマイモを収穫する機械の出番です♪(下の写真)。お芋を傷つけないように細心の注意を払いながら、畝を掘り起こし、お芋を収穫していきます。(‘ω’)ノ

この後、お芋達は「屋根のある蔵」に運ばれ丁寧に磨かれたあと、いよいよ宝山になるための“醸造”へと進みます。今年も皆さまに「美味しい!」と思っていただける焼酎を造りますので、ぜひ楽しみにお待ちください。(*´ω`*)

皆さまどうぞ、素敵な週末をお過ごしください(人´∇`)

その他の「屋根のない蔵(農業)」の記事