宝山吟味蔵の取り組み

宝山吟味蔵の取り組み 2015年10月26日

試験農場の近況

西酒造の試験農場では順調にお芋の収穫が進んでいます。試験農場では畑の一部分ごとにお芋の品種や肥料などの条件を変えています。収穫を終えたら次は採れたお芋の分析を行ってデータを集めます。一年に一度、この時期にしか集めることのできないデータなのでこれも大変貴重な収穫なんです。d(^ー゜)私たちはこの研究を続けていくことが、将来もっと美味しい芋焼酎をつくるためのお芋を見つけることにつながると信じています。ちなみに収穫を終えた畑には“裏作”の試験としてブロッコリーやキャベツなどを植えているんです。この作物たちも大きくなったらまたご紹介しますので楽しみにお待ちください(人´∇`)♪それでは今週もよろしくお願いします!

 

その他の「宝山吟味蔵の取り組み」の記事