お知らせ/メッセージ/ご挨拶

お知らせ/メッセージ/ご挨拶 2019年3月8日

「URLAR」を育む“グラッドストーン・マーティンボロ”の風土

ご紹介の写真は、西酒造の新たなワイン・ブランド 『GLADSTONE URLAR』を育む、ニュージーランド・グラッドストーンの風景です♪ ニュージーランドの国土面積は日本のおよそ72%、人口は東京都の35%ほどです。都市部を離れれば、広大な牧草地が一面に広がり、そこに住む羊たちの数は人口の7倍以上とも言われています。自然の豊かさとともに、力強さも感じられるニュージーランドの風土が、高品質なワインの美味しさを育んでいるのです(*´∪`*)

そして、ブドウの産地では、夏は乾燥し太陽光を長期間たっぷりと享受することができます。1日の気温差も大きいため、ブドウは高い糖度で登熟しながらも爽やかな酸味を保持し、フレッシュかつ強い芳香を兼ね揃えていますd(^_^o)

小規模で一本一本丁寧に造られるニュージーランドワイン産地の中でも、首都ウェリントンから東に80kmほどの距離にあるここ「グラッドストーン・マーティンボロ」は、2000万年前に組成された礰を含む、“シルト土壌”で水はけがよく、優良なブドウが育つ条件を備えています。『GLADSTONE URLAR』は、この豊かな土地で有機農法に徹し、地球への敬意を大切にする「バイオダイナミック農法」で栽培されたブドウで造られているのです(人´∇`)

今後、『GLADSTONE URLAR』のブドウ栽培や醸造方法、ワインの特徴や品質などについてもご紹介して参りますので、どうぞ楽しみにお待ちください♪ 今週も一週間、おつかれさまでした!

 

GLADSTONE URLAR 公式サイト

https://www.gladstone-urlar.com/

その他の「お知らせ/メッセージ/ご挨拶」の記事