お知らせ/メッセージ/ご挨拶

お知らせ/メッセージ/ご挨拶 2019年5月24日

人の理性で自然の力を最大限に生かすワイン造り。

『GLADSTONE URLAR』のワイナリーは、ピノ・ノワールの銘醸地として有名なワイン地域、「ワイララパ」のグラッドストーンにあります。「URLAR」は古英語で”大地”を意味する言葉です。その名の通り、「URLAR」のブドウ畑では、自然界に最大の敬意を払う、「バイオダイナミック農法」を採用しています。これは“循環型農業”とも言われ、ブドウを有機栽培で育てるというだけでなく、農場そのものを一つの生命体と捉えた農法です。

「TEAM GLADSTONE URLAR」の栽培醸造責任者:小山 浩平を中心に、自然の力を引き出すための研究と分析を重ね、化学肥料や殺虫剤を一切使用しないのはもちろん、処理されたブドウの種や皮は肥料に。水は雨水や湧水を使い、その後濾過して土に返します。人間の理性によって”畑”が持つ力を最重視するのが「URLAR」のワイン造りです。

栽培醸造責任者(Director, Winegrower):小山 浩平

東京大学卒業後、東京、ロンドンなどの金融機関で11年間働き、赴任先のロンドンでワインに目覚める。南半球で最も古い農業学校であり、そして世界的な研究機関としても名高い「リンカーン大学」で学び、ブドウ栽培・ワイン醸造学科を首席で卒業。 理想のワイン造りを求めてニュージーランドに移住。栽培から醸造までの全てを自身で管理する栽培醸造家として注目されている。

『TEAM GLADSTONE URLAR』が醸す、「Pinot noir(ピノ・ノワール)」と、「Sauvignon Blanc(ソービニィヨン・ブラン)」の個性、味わいについても当ページにて適時ご案内いたします。今週もどうぞ、素敵な週末をお過ごしください♪

■GLADSTONE URLAR 公式サイト
https://www.gladstone-urlar.com/

その他の「お知らせ/メッセージ/ご挨拶」の記事