屋根のある蔵(醸造)

屋根のある蔵(醸造) 2016年2月22日

“スワンネック”をごぞんじですか?

蒸留酒の一つである焼酎造りにおいて、「蒸留」は味わいと酒質を左右するとても大切な工程ですが、特に味わいに影響してくるのが、この「スワンネック」と呼ばれる部分です。(^ー^)ノ 「スワンネック」は、もろみから気化したアルコールの通り道であり、形状によってどんな香味成分を原酒に残すのか、あるいは取り除くのか、ということを決めるとても大切なパーツです。そのため、西酒造では原料となるお芋の特性と銘柄に合わせて、様々な形状の蒸留器を駆使し、それぞれの目的とする味わいを表現しています♪(ゝ∀・)今週も一週間、よろしくお願いします!

その他の「屋根のある蔵(醸造)」の記事