宝山吟味蔵の取り組み

宝山吟味蔵の取り組み 2017年5月24日

宝山の原料が育つ“土”を調べています♪

西酒造の研究開発課(=宝山吟味蔵)の仕事は、新たな宝山の開発だけではありません。醸造の時期(8月~12月)には、毎日麹ともろみの健康状態をチェック・分析しています。農業の時期(1月~7月)はと言うと、宝山の原料となるお米やお芋が育つ畑から土を採取し、“土の健康状態”をチェックしています(*^_^*)

醸造も農業も、自然を相手にする仕事なので、私たちのするべき事は似ているんだなぁと感じますd(ゝ∀・) お米やお芋たちがいつも健康でいられるように、今年も一丸となって育てて行きます♪

その他の「宝山吟味蔵の取り組み」の記事