お知らせ/メッセージ/ご挨拶

お知らせ/メッセージ/ご挨拶 2018年10月26日

来週は“ハロウィン”ですね♪

「ハロウィン」は、ここ数年で日本でもクリスマスに匹敵するほど定着してきた感がありますので、今日はハロウィンの起源について、触れてみたいと思います(*^_^*)

カトリック教会の祝日のひとつであるハロウィンは、キリスト教が11月1日に定めている「万聖節/別名“諸聖人の日”」という、聖人と殉教者の魂を祈念する日の前夜祭です。その起源は2000年以上前に遡り、日本の「お盆」とよく似た、古代ケルト人の“鎮魂の儀式”がもとになっていると云われています。

 

古代ケルト歴では1年の終わりを10月31日と定めており、その日の夜には、先祖の霊が家族を訪ねて来ると信じられていました。まさに日本でいう「お盆」ですね。「ハロウィン」と異なる点は、先祖の霊といっしょに悪霊や魔女も付いて来て、災いをもたらすと信じられていた点です(゚O゚)

悪霊や魔女は、子どもをさらったり、家畜や作物にも害を与えると恐れられていたため、悪霊たちを追い払うために、魔除け火を焚き、魔物の仮面をかぶることを思い付きました。この魔物の仮面が、カボチャをくり抜いて作る提灯「ジャック・オー・ランタン」になったという訳です(^ー^)ノ ケルト人は「かぶ」を使っていたそうですが、後にヨーロッパからアメリカに移住した民によって、10月に収穫量が多い「かぼちゃ」が使われるようになったのだとか(;^_^A

 

★魔物の仮面をかぶる3つの理由

————————–

1:悪霊たちに同じ悪霊と思わせ、子どもをさらわれるのを避けるため

2:悪霊たちに仲間だと思わせ、作物や家畜の被害を避けるため

3:人間の怖い姿を見せて、悪霊たちを退散させるため

————————–

 

こういった習わしが、ハロウィンの日に「仮装」をするという習慣に変わっていったのです。 もともとは「魔物の仮面」から始まった仮想ですが、現在ではさまざまな種類で、見る人たちを楽しませてくれますね♪

 

私たちは毎年この日が来ると、ハロウィンの象徴ともいえる「ジャック・オー・ランタン」のカラーと近い、黄色いラベルの「富乃宝山」を思い浮かべてしまいますσ(^_^;) 大切なご家族、ご友人とハロウィンパーティなどを予定されている方はぜひ、富乃宝山もお楽しみください( *´艸`) 今週も一週間、お疲れさまでした♪

その他の「お知らせ/メッセージ/ご挨拶」の記事