屋根のない蔵(農業)

屋根のない蔵(農業) 2019年4月17日

お芋の苗切りが始まりました♪

“苗切り”とは、ハウスの中で元気に育った苗達の中から、節が8つ以上まで伸びた苗を選び、1節以上を残して苗を切っていく作業です(*^_^*) 切られた方の苗からは、また新しい苗が伸びて、1週間程で次の苗を切ることができます。これを繰り返して、お芋畑の畝が埋まるまで、苗を植えていきます♪

ですが、切った苗はすぐに畑には植えず、2日間ほど日陰に置いて“わざと”しおれさせます(‘ω’)ノ なぜそんなことをするのかと言いますと、この2日間で苗達がたくさんの水を欲しがるようになり、また畑に植えた時に根を強く張るようになるからなんですd(ゝ∀・) しおれた苗を見ると、不安にもなりますが、畑に植えた苗が“ピン!”と元気に伸びているところを見ると、ホッとすると同時に、生命の営みと強さを感じます(^_-)-☆  畑デビューも、もう間近です!

その他の「屋根のない蔵(農業)」の記事