宝山誕生秘話 2015年10月21日

宝山誕生秘話 Vol.7

今回は「冷凍焼酎」という新しい領域を開拓した“万暦(ばんれき)”の誕生秘話についてご紹介いたします。(*´∪`*)
世界の蒸留酒を見渡した時に、“グラッパ”や“マール”など、主に食後に楽しむお酒があります。ならば同じ蒸留酒の芋焼酎でも、「美味しい料理の後に少量を楽しむ」。そんな芋焼酎は造れないだろうか?という発想から生まれました。
食後にスッキリできる爽やかなピーチのような香りを狙い、専用の自家培養酵母でもろみを立て、高濃度に仕上げました。また、冷凍庫でキンキンに冷やして飲むことで飲み口がトロリとなり、より一層美味しく楽しめる「冷凍焼酎」として出来上がったのです。これが「万暦」誕生の瞬間です。d(ゝ∀・)
おかげ様で万暦は多くのお客様からご指示をいただき、2007年に開催された「洞爺湖サミット」では、晩餐会で各国のVIPに振る舞われ、また昨年11月に開催されました、IWSC(インターナショナル ワイン&スピリッツ コンペティション)2014では“金賞”に輝くなど、国際的にも高い評価を得ることができました。(;´-`) ご興味をお持ちいただけましたら、ぜひ一度お試しください!これからも万暦のように、焼酎の新しい領域を開拓するための挑戦を続けていきたいと思います。

 

その他の「宝山誕生秘話」の記事