宝山吟味蔵の取り組み

宝山吟味蔵の取り組み 2018年2月12日

研究開発メンバーの仕事と「宝山基準」。

西酒造では、お客さまに心から「美味しい!」と感じていただける焼酎をお届けするために、農業と醸造=焼酎造りの過程における品質管理はもちろん、新たな焼酎の味わいを生み出すための研究・開発を常に続けています。それが「研究開発課」で活躍するメンバーたちの仕事です♪

西酒造では、「宝山基準」という明確な指標を定め、焼酎の香り、味わいを的確に判断できる人材を「官能検査員」として認定し、品質の確保と向上に取り組んでいます

(^ー^)ノ

「研究開発課」の研究や、品質向上に向けた具体的な取り組みも適時ご紹介して参りますので、こちらもぜひご注目くださいd(ゝ∀・)  お客さまのグラスに宝山が注がれるその瞬間まで、美味さに繋がるすべてのことを想像していきます。

その他の「宝山吟味蔵の取り組み」の記事